国内問題

修学旅行 行きたくないの理由のまとめ!欠席OK!休む方法を紹介

修学旅行は大人も子供も行きたくない?

近年、学生が「修学旅行や臨海学校に行きたくない!」という声や教師や保護者の「負担に感じる…」という声をよく聞きます。
今回は子供が修学旅行・臨海学校へ行きたくない理由や、その言い訳方法、はたまた大人が「しんどい…」と思う理由までまとめていきましょう。

スポンサーリンク

修学旅行の「行きたくない理由」と「負担の内容」とは?


ツイッターで「修学旅行 行きたくない」という検索を行うと上記したツイートが何千と流れており、また教師や保護者の不満や心配も多いようです。
では修学旅行へ行きたくない理由、大人達の不満・心配について具体的にみていきましょう。

学生が修学旅行へ行きたくない理由は?

主役となる学生そもそもが行きたくないという理由の大半は以下の4つになるでしょう。

・そもそも興味がない
・いじめにあっているから
・友達がいない
・体調問題を崩しやすいから

教師の負担や疑問とは?

教師の負担となるのは以下のようです。京都新聞が行ったアンケートでは実に、
教師の9割が修学旅行への負担を感じているようです。

・事前の準備
・勤務時間、拘束時間の問題
・教育効果を感じない

保護者が負担や心配とは?

https://twitter.com/nekonakata/status/1190035571831390221?s=20

保護者目線でも近年では修学旅行に対する負担や心配事項がアンケートで浮き彫りにされています。

・費用問題
・事前準備
・アレルギー問題

・精神問題

スポンサーリンク

修学旅行へいきたくない際の「理由・言い訳」

教師の方々は一個人が「修学旅行」へいきたくない!というのはよほどの理由が無いとまかり通らない内容かと思いますが、学生であれば話は変わってきます。
例を参考に見ていきましょう。

そもそも修学旅行は欠席していいの?

https://twitter.com/chiko3434/status/1064477372852822016?s=20

学生の皆さんは気になる事と思いますが、結論から言うと

条件はつきますが、欠席しても問題はありません。

修学旅行中も学生は遊んでいるようで、しっかりと授業日数としてカウントされているので、もし出席日数が気になる学生は事前に教師に確認しておきましょう。

また自己都合で欠席をする場合には、もちろん学生の本分は「学校へ行き学ぶ」ことになるので学校へ通学はしなければなりません。
その場合は学校が定める演習なり補講を受けることになります。

「演習を受けてまでも修学旅行を欠席したいか?」ということは一度しっかり考えましょう。

ケース1 風邪・体調不良

学校行事の欠席理由の鉄板ですね。

この場合は
「急遽行けなくなる」というケースがほとんどです。
この場合せっかく積み立ててもらった修学旅行の費用が帰ってこない可能性がある事を考慮しましょう。

もし、「なんか面倒くさいし病欠にしちゃおう」と思っている学生はそのお金はあなたのご両親が日々頑張って仕事から出しているお給料の一部だという事しっかり覚えておきましょう。

具体的には当日や前日に体調不良を必死に訴えましょう。
最悪、体温計に細工を施したり体温を上げる方法を考えましょう。

また学校数日間の欠席扱いになるのでそこにはしっかり注意しましょう。

ケース2 いじめ・ひとりぼっちで欠席

いじめや、友達がいない場合の欠席については様々な考え方があると思います。

私が考える限りでは正直行くべきではないと思います。

よほど1人学校で演習を受けるなり欠席してしまい、有意義な時間を過ごすべきでしょう。

いじめが辛い、1人でつまらない…といった内容で必死に親や教師に訴え欠席にしてもらいましょう。

ケース3 行きたくない理由の説明

もし行きたくないのであれば、
私はこの理由を保護者や教師に通すのが1番いいと思います。

しかしただ闇雲に行きたくないと言うのではなく、以下の理由をしっかり準備してから親や教師に相談しましょう。

1行きたくない理由を説明
2いかずに何をその時間に費やすか?
3いかない場合のメリットは?
4いった場合のデメリットは?

親や教師は友達との思い出や、経験を積めるなど色々言ってくるかと思いますが修学旅行でしか得られない経験はそうそうないと私は思います。

もし学生の方で、今の情熱をかけている事や、今後の夢があってやりたいことがあるならば修学旅行を休むのも一つの手段かと思います。
バイオリンの演奏者の「葉加瀬太郎」さんも修学旅行に行かなかったそうです。

修学旅行へ行きたくない際の理由まとめ

では今までの内容をまとめてみましょう。
ありきたりな内容ですが、奇を狙った内容で嘘ついてバレる事を考えると3つ目の内容が1番良い方法であると思います。

修学旅行へ行きたくない理由

・風邪、体調不良を言い訳にする
・いじめや1人ぼっちで楽しくない
・しっかり事前に大人を納得させる為の論理的な説明を準備する

スポンサーリンク

まとめ

近年は学生だけでなく、教師や保護者からも修学旅行が疑問視されている傾向があるようです。

「学生達が友人たちと遠方に旅行に行く」

この事自体は大きな経験になることであるとは思いますが、これからは修学旅行という形式にこだわる必要がないのではないかと私は思います。

修学旅行へ行きたくない理由は?


・対人関係、健康問題で望まない学生が増えている
・教師への負担が大きくしんどい。教育効果があるのか?
・保護者も経済的、子供の健康、交流関係に心配がある