アプリ

「トレース・トゥギャザー」のアプリ解説!政府が導入予定のコロナの濃厚接触者お知らせアプリ!

政府が「濃厚接触者の把握」のアプリ導入を実用実験へ!

新型コロナウィルスの感染者が日々増大していますね。

この感染を止めるために、政府は「濃厚接触者を把握する」アプリの導入の実験を検討しています。

現代社会ではスマートフォンの普及率が著しい上昇を見せており、多くの人間が使うスマホで濃厚接触者のお知らせをアプリで知れたら確かに画期的ですよね!

導入予定のアプリの名前は
「 TraceTogether 」(トレーストゥギャザー) です


では一体どんなアプリなのか?「どう濃厚接触者のお知らせ」をしていくか解説をしていきましょう!

スポンサーリンク

「トレーストゥギャザー」の仕組み

政府が取り折れようとしているアプリは
「 TraceTogether 」(トレーストゥギャザー)というアプリである。


トレーストゥギャザーはシンガポールで開発されたアプリであり、すでに同国62万人がダウンロードしている。

筆者は試したが、まだ残念ながら日本のアップストアやアンドロイドではインストールは出来ない。

以下: 「 TraceTogether 」(トレーストゥギャザー)
URL  https://www.tracetogether.gov.sg/

今後政府の実験、検討の上認可が下りればインストール可能になるといったところでしょうか?

ではどういった仕組みなのか?
1. トレーストゥギャザーのアプリをダウンロードすると、スマホ端末ごとに設定されたIDが紐づけられる。

2. アプリを省電力モードで開いておき、Bluetoothで近くに同アプリをインストールしたスマホが無いか監視

3. 端末の持ち主が新型コロナウィルスに感染した場合は、保健省が本人の同意を得たうえで、過去に感染者に近づいた端末をチェックししかるべき連絡をする。

では次に使い方に関して詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

トレーストゥギャザーの使い方

YouTubeや公式サイトは容易されていますが、残念ながらまだ日本語版のサイトは容易されていません。
しかし、Googleの翻訳機能を使って出来る限りのことを調べてみました。

残念なことに、画像に埋め込みのサイトだったために翻訳が働きませんでした。
が、なんとか大まかに翻訳すると以下のようです

  • 携帯番号を入力
  • プッシュ通知を有効にする
  • Bluetoothをオンにしておく
  • TraceTogetherを起動したままにする

どうやら導入自体は非常に簡単そうですね。
詳しい導入方法が分かり次第またアップします。

スポンサーリンク

まとめ

「 TraceTogether 」(トレーストゥギャザー) について今回は説明させていただきました。

今後政府の導入が決まった際に是非周りに勧められるように予習をしておきましょう!