事件

【渡辺祐樹はコロナの人員カット?】人質たてこもり理由や現場「うなぎの黒田屋」まとめ

「うなぎの黒田屋」で子供2人が刃物で人質にされる事件発生!

概要5行で簡単内容を

スポンサーリンク

事件現場は?

現場となったのは福岡市南区大橋駅から近くにある
「うなぎの黒田屋」である
上記の場所である。
駅から近いため大きな話題になり多くのメディアにもとりあげられたのでしょう!

上記写真の建物の中で「子供二人を刃物で人質にし立てこもり」は行われた模様。
なぜ駅そばでこのように人目が多そうな場所で犯行は行われたのでしょう?

スポンサーリンク

なぜ立てこもりは起きたのか?

どうやら犯人である渡辺祐樹(36歳)容疑者は雇用の問題で店主とトラブルがあったようだ!
ニュースではこのように取り上げられているが、もう少し深く考察してみましょう!

コロナの影響による人員カットか?

さてではなぜ雇用関係のトラブルは起きたのだろうか?

今のご時世を考えればある程度の予想はつく
そう「新型コロナウィルス」による営業不振ではないだろうか?

現場は福岡市港区大橋駅近くの「うなぎの黒田屋」
そううなぎといえば高級食材であるし、不要不急の外出は控えるこのご時世、多くの人はうなぎを食べに外出、ということはしないだろう。

そうなると必然的に売り上げはがた落ち、まず減らすべきは大きな支出となる人件費。
その際に「渡辺祐樹」容疑者は人員カットの一人となってしまったのだろう。

36歳という年齢で急に無色になる…考えたくないですね。
そうなった際に、無計画にその場にある包丁をつかみ店内に偶然居合わせた店主の子供を人質に立てこもり…今回の事件はそういったところが事件の全容!
といったところではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

新型コロナウィルスの影響はこういった事件を引き起こす要因ともなりかねません。

皆さま不要不急の外出は避けて早く収束するよう心掛けた行動をとりましょう。
お店の営業が苦しい方は、さまざまな対策、別事業で乗り切ろうと頑張っているようです!
逆にそういった発想、考えがないお店は今後淘汰されていくのかもしれませんね…


また興味深いニュースがあれば記事を上げますのでお楽しみに!